うっかりキャバ嬢


キャバ嬢です、よろしくおねがいしまーす。
by sivrisu3m1
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

この国をどうやって守る 本気で防衛論議を(産経新聞)

【from Editor】

 普天間基地移設問題は約束の5月末決着が先送りされ、問題の本質がますますぼやけてしまった。

 本来は、普天間基地周辺住民の安全と騒音問題を解決することが目的だったのが、鳩山内閣のおかげで、安全問題も騒音問題も解決されないまま、「公約違反の責任論」ばかりがかしましい。周辺住民の方々にはお気の毒というしかない。

 しかし、こうなってよかった面もある。それはこの国をどうやって守るのか、という国家防衛の根本問題について、いくばくかの議論が起こっていることである。自民党政権のまま、すんなりと辺野古に移転していたら、鳩山首相も「海兵隊は抑止力のために必要」という認識を持ちえないまま国会議員を続けていただろう。

 多くの国会議員をふくむ、平和ボケ、防衛音痴といわれる人々が、少しでも防衛問題に関心をもつようになるのは大歓迎だ。ことのついでにもう一歩踏み込んではどうだろうか。例えば、以下のような問いを設定してみるとよい。

 (1)在日米軍は日本の防衛と極東の安定にどれだけ貢献しているのか(抑止力についての勉強です)(2)国を守るためには軍隊が必要だが、軍隊の保持を禁止している憲法はこのままでいいのか(国民投票法も施行されました)(3)軍隊があれば基地がある。となれば基地は必要だが、自分の周辺に基地があるのはごめんだ、でいいのか(全体の幸福と地域エゴの矛盾ですね)

 まだある。(4)自分の国を守るのに、いつまでも他国の軍隊に頼っていていいのか。仮に頼るにしても、国家防衛の中心は自国の軍隊ではないのか(誰が何のために国を守るのかということです)(5)北朝鮮が核の保有を声高にいっているのに、これまで通りの非核三原則でいいのか(国を守るというのは現実論なのです)

 かつては非武装中立を叫んだ党も、いまや与党であるし、その昔、ソ連軍を世界の平和を維持する軍と言った政党もあったと記憶する。そうした戦後の残滓(ざんし)を何ら清算せずに、「県外」「国外」と叫んでみても、防衛問題の根本は解決しない。

 われわれの住むこのかけがえのない日本をどうやって守るのか、それにはどの程度の武器と人員と予算が必要であるのか、また、国民の防衛意識はどうあるべきなのか、国会はそういうことを、一度ぐらい真剣に、そしてとことん論じあってみたらどうだろう。(編集委員 大野敏明)

【関連記事】
若い才能のための羅針盤
「看護婦さん」のおかげ
反骨の活力を伝えたい
そんな組織は解散すべし
働く若者を増やさないと
中国が優等生路線に?

「ステーキおごったる」でも所持金400円…無銭飲食で逮捕(産経新聞)
三原じゅん子「しんちゃまファン」告白(スポーツ報知)
<野党4党>衆院総務委員長の解任決議案を提出 強行採決で(毎日新聞)
口蹄疫 台湾が宮崎県に義援金(産経新聞)
小沢氏側が上申書検討、検察審に異例の「潔白」主張(読売新聞)
[PR]

by sivrisu3m1 | 2010-05-28 00:39
<< 不明「宇宙種」、再打ち上げ=9... <川渡り神幸祭>貴乃花親方も参... >>